トラブルを回避

南京虫は別名トコジラミとも呼ばれる、カメムシの仲間である小さな昆虫です。この南京虫は吸血性の昆虫で、人間の皮膚にかみついて血を吸いますが、この際に強いかゆみも生じさせます。 一度南京虫が住宅に発生すると、畳などの隙間など目につきにくい場所に大量に潜んでいるので根絶させるのは非常に難しいです。 南京虫駆除にも用いれる市販の薬剤なども売っていますが、状況によっては根本的な解決には至らないこともあります。そうした場合は、南京虫駆除を専門に扱ってくれる業者へ依頼することになります。 南京虫駆除を業者に依頼した場合にかかる費用は、最低限の駆除費用として提示されているものに、室内の広さや家具の有無などを加味した金額をプラスしたものが最終的な費用となります。 最終的な費用は事例によって大きく異なりますが、最低限の駆除費用としては大体5〜6万円ほどが多いです。

ひとたび発生すれば、住人に対して害を及ぼす厄介者である南京虫ですが、本来日本には存在しない昆虫でした。 室町時代から江戸時代にかけて行われた南蛮貿易によって、外国から持ち込まれた荷物などにまぎれて日本に流入しました。南京虫という名前はこうした由来から名づけられたものです。 幕末から明治期にかけて南京虫の被害が全国的に広がり、不衛生な環境には必ずと言っていいほど存在する身近な害虫でした。 そんな中南京虫駆除が本格的に行われるようになったのは、昭和の中頃です。南京虫に効果が高い殺虫剤が普及することによって、南京虫は全国的に姿を消しました。 しかし南京虫は決して絶滅したわけではなく、今現在でもしばしば被害を出しています。さらに最近では外国人旅行者や持ち込まれた荷物などに、南京虫が付着して日本に持ち込まれるという報告もあります。海外渡航が一般化した現在ならではの問題といえます。